合わない場合の対処法

高校生の大学受験のために家庭教師を付けても相性が悪かった場合、生成が上がるどころか下がるリスクのほうが高いです。 質問に対して的確な指導が行われない場合や、勉強とは関係ない話で盛り上がると本末転倒です。ここではそんな場合の対処法についてご紹介します。

基本的に家庭教師とは2人きりで勉強をするため、きちんと勉強できているか、内容が的確かについて親は中々知ることができませんが、 それとなく子供に様子を聞くか、定期テストに効果が出ているかを確認するようにして下さい。子供自身から家庭教師を変える要望があった場合や、家庭教師の実力不足を感じた場合は派遣会社に連絡しましょう。 派遣会社へ連絡すると謝罪と変更の旨を申し出ることが一般的ですが、できれば解約することをおススメします。 その際、中途解約金などについて確認しておきましょう。無事解約できれば新たな派遣先を探します。

現役大学生の家庭教師を解約した場合、新たな派遣先は家庭教師専門の派遣会社を選びましょう。 面談や無料体験などを利用して相性を確かめます。 家庭教師を雇う本来の目的は「大学受験の合格」であるため、楽しく勉強ができる環境も大事ですが家庭教師本人の資質が重要となります。 現役大学生の家庭教師でも優れた方はいますが、合わないと感じた場合はプロの家庭教師をおススメします。